知っておきたい相続のこと

相続に関するトラブルが後を絶ちませんが、なぜ問題が起こるのでしょうか。
相続人(故人)が生前に遺言書を残していないという場合、被相続人(故人)の意志がわからないため、相続人同士で意見の対立が起きることが少なくありません。相続や遺言書について少しでも知っているとこうした問題を未然に防ぐことにつながります。
誰が遺産を受け継ぐのか、相続できる割合はどうなるのかなど、遺言に関して気になることは多くあると思います。こちらでは、相続する財産の種類や限定承認、死亡退職金と死亡保険金についてご紹介します。

相続する財産の種類と「相続放棄」

受け継ぐ財産は大きく分けてプラスの財産とマイナスの財産の2つの種類があります。

  • 預貯金や不動産、有価証券などの相続人にとってプラスになるような財産。
  • 未納の税金や借入金など相続人にとってマイナスとなるような財産。

上の二つを比較してマイナスとなる財産のほうが明らかに大きくなる場合は、相続しなくても良い場合もあり、相続しないことを「相続放棄」と呼びます。相続放棄の手続きは家庭裁判所にて、行う必要があります。
相続放棄の手続きは「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内」という期限が定められています。

メリットがある時だけ相続する「限定承認」

メリットがある時だけ相続する「限定承認」

マイナスの財産が大きくなる場合は、相続しないという選択もありますが、初めからマイナスの財産の方が多いかどうかはわかりません。
どちらが多いかわからない場合は「限定承認」と呼ばれる方法をとることもできます。

限定承認は、マイナスの財産をプラスの財産で返済して、それでもマイナスが残ってしまった場合、残りは返済しなくてもよいという方法です。精算した結果、プラスの財産が多かった場合にはそのまま財産を相続できます。

死亡退職金と死亡保険金について

被相続人(故人)が退職前に死亡した際に、生前勤めていた会社などから支払われる死亡退職金は勤務先の規定などで受取人が決まっています。そのため、受取人がもともと持っていた財産としてみなされ、相続財産にはなりません。また、死亡した際に支払われる死亡保険金なども被相続人が亡くなる前に所有していた財産ではありません。死亡保険金は、受取人固有の財産となるため、相続財産にはなりません。但し、受取人が被相続人本人の場合や、受取人の氏名を明確にしないで、ただ「相続人」とだけ設定していた場合は、相続財産になります。

石川県かほく市にある当事務所では、遺言書作成のサポートや相談、相続手続きのサポートも行っています。相続人の調査や相続財産の名義変更など、相続や遺言書に関することならお気軽にご相談ください。まごころ込めて全力でサポートさせていただきます。