早めに公正証書遺言を作成した方がいい理由

遺言書は、自分の寿命が近づいた時に書くものとイメージをされている方もいらっしゃるかもしれませんが、作成する予定があればなるべく早く作成にとりかかり、完成させることをおすすめします。

公正証書遺言とは?

遺言書には大きく分けて「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」があります。それぞれにメリット・デメリットありますが、確実に自分の意志を残し、その内容を執行させたいのであれば「公正証書遺言」がおすすめです。公正証書遺言は無効になる可能性が低く、紛失・隠匿・偽造・変造なども防げます。

遺言書の記入漏れを防ぐため

遺言書の記入漏れを防ぐため

自分が亡くなったあとに、家族が相続争いなどを起こさず仲良く暮らせるように、また遺産分割協議など面倒なことをさせないためにと、遺言書を作成しようと考える方が多いと思います。

しかし、もし相続する財産の記入漏れなどがあると、せっかく遺言書を作ってあったとしても、結局遺産分割協議が必要になることもあります。

早めに遺言書の作成にとりかかることで、自分がどれだけの財産を持っているのかをより正確に知ることができ、誰に分配すればいいのかをきちんと調べることができます。遺言書の作成と並行して、相続人関係図や財産目録を作るとわかりやすいでしょう。

遺言書が無効になってしまうのを防ぐため

遺言書作成のポイント

  • 15歳以上であれば基本的には「誰でも」作成することができる
  • 遺言書作成で除外されてしまう例もある
  • 遺言能力があると証明できる時に遺言書を作成

遺言書は、15歳以上であれば基本的には「誰でも」作成することができると、民法により定められています。
しかし「誰でも」と言っても除外されてしまう場合もあります。それは同じく民法で定められており、遺言を作成する人はその際に、「遺言能力がある」状態でなければなりません。遺言能力とは物事の判断能力がしっかりあるかということです。

遺言能力の有無

高齢や病気が原因で、「自分の発言したことを覚えていない」「家族を認識できていない」「人に言われたことを自分の意思とは関係なくそのまま肯定してしまう」となる場合があります。そのような状態で作成された遺言書は無効とされ、その効力を発揮できません。そのため、遺言能力があると証明できる時に遺言書を作成しておくことが必要になります。

公正証書遺言

ちなみに「公正証書遺言」であれば、公証人が立ち会って「遺言能力がある」とした場合に作成されるので、自分が亡くなってから無効になるということを極力防ぐことができるでしょう。

遺言書の作成サポート・相談ができる行政書士石川県でお探しの方は、当事務所をご利用ください。当事務所は、石川県かほく市にあります行政書士事務所です。公正証書遺言でも自筆証書遺言でも、きちんと遺言書として有効になるよう作成のサポートを行います。遺言書作成や遺産相続に関するご相談がある石川にお住まいの方は、お気軽に当事務所までご連絡ください。