遺産分割協議は必要?

遺産分割協議という言葉を聞いたことはあるが、具体的な内容がわからない」といった方も多いと思います。遺産分割協議は遺産を相続するうえで非常に重要です。事前に知識を得ておくことは大切です。こちらでは、遺産分割協議に関する基礎知識をご紹介させていただきます。

そもそも遺産分割協議とは?

遺産分割協議は、被相続人(故人)の財産をどのように分けるかを、すべての相続人で決めるための話合いです。

遺産分割の優先順位

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 審判・調停

まず、遺言書が遺されている場合は、遺言書が最優先されます。遺言書がない場合や、遺言書があっても相続人全員が話合いで遺産分割することを望めば遺産分割協議で遺産の分け方を決めることができます(遺言執行者がいる場合は、その方の同意も必要になります)。

遺言書があっても遺産分割協議が必要になるケース

遺言書があったとしても、次のようなケースは遺産分割協議が必要です。

  • 遺言書の内容のまま遺産相続が行われると、不都合が出たりトラブルになったりする可能性があるケース
  • 遺産分割協議
  • 遺言書に記載されていない財産があるケース

法定相続人の最低限の権利である遺留分が害された遺言書だと、いったん、遺言書どおりに遺産分割したあとに返還するなどの手続きも発生する場合があります。

遺産分割協議を行う際の決まりごと

遺産分割協議を行う際の決まりごととして、「相続人は必ず全員参加」というものがあります。財産に関わる問題は、トラブルがとても起きやすい問題です。分配された財産によって今後の生活も変わってくるでしょう。そのため、誰かが欠席している際に大切な話合いは行えません。

また、遺産分割方法を決定するには「参加者全員の合意が必要」という決まりもあります。もし全員が納得してない内容を決定事項にしようとしても、その協議自体が無効となります。

遺産分割協議書を作成する場合

遺産分割協議は必要?

遺産分割協議で遺産の分配方法が決まり、不動産の名義変更が必要な場合、「遺産分割協議書」が必要になります。記入漏れがあると作り直さなくてはならなくなるので注意しましょう。

遺産分割協議書には、相続人全員の署名と実印の押印も必要となります。相続人が合意した内容が記された大切な書類となります。後々のトラブルを防ぐためにも、遺産分割が終わったあとも大切に保管しておくことをおすすめします。遺産分割協議書は相続税の申告の際にも使います。

当事務所は、石川県にあります行政書士事務所です。遺言書や遺産分割協議書の作成のサポート、相続人の調査・確定から相続財産の名義変更まで、相続に関するサポートを行っております。石川県で遺産相続の相談を行いたい方や、行政書士をお探しの方は、ぜひ当事務所をご利用ください。