相続手続きのスタートとなる死亡届

ご家族が亡くなられてから、まず始めに行う相続手続きは「死亡届の提出」です。
長い人生の中で、この書類を記入することはそう多くありません。そのため、どのように書き、どこに提出すればいいのか分からず、悩まれている方もいらっしゃいます。

こちらでは、死亡届を届け出る人、提出期限、提出先についてご説明します。

死亡届を提出する人

戸籍法第86条における「届出義務者」とは、死亡届に署名・押印をする人のことです。届出義務者が書類を作成すれば、窓口に持参するのは代理人でも構いません。

死亡届を提出する人(届出人)は、下記の順番になっています。

  1. 同居の親族
  2. その他の同居者
  3. 家主、地主又は家屋もしくは土地の管理人

ただ、必ずしもこの順番で行わなければならないわけではありません。同居していない親族や、後見人、保佐人、補助人および任意後見人も提出することが可能です。

死亡届の提出期限

提出期限の具体的な日数は、戸籍法第86条で定められています。

死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知つた日から7日以内(国外で死亡があつたときは、その事実を知つた日から3箇月以内)に、これをしなければならない。

この7日以内というのは、「死亡した日」ではなく、「死亡の事実を知った日」だということに気を付ける必要があります。

死亡届の提出先

書類のイラスト

死亡届を作成したら、「亡くなられた方の本籍地の市町村役場」「亡くなられた場所の市区町村役場」「提出する人の居住地がある市町村役場」のいずれかに提出する必要があります。

提出するときは、届出人の印鑑と本人確認のための身分証明書が必要です。

石川県で遺産相続手続きにお悩みなら、当事務所の行政書士がお力になります。
石川県かほく市の事務所へ初めてお越しいただいた方は、無料相談にてお話をお伺いします。また、遺産分割協議書の作成から名義変更まで、相続手続き全般をサポートさせていただきます。

石川県内のご自宅や、施設への出張相談も承っておりますので、ご都合の良い時間にご予約いただければ、じっくりとお話ができると思います。みなさまからのお問い合わせを、心よりお待ちしております。