遺産の評価方法

相続のイラスト

相続できる遺産には、土地・建物などの不動産、預貯金、株式など様々な種類があります。

その価値をどう評価するかは、遺産の種類によって、一定の基準が決められているのです。

こちらでは、遺産の評価方法を簡単にご紹介します。

宅地

宅地の評価方法には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

路線価方式

市街地にある宅地の評価に用いる方法です。
面している道路に基づいて評価する方式で、国税庁が公表します。

倍率方式

路線価が決められていない地域では、倍率方式で評価します。
郊外や農村地にある宅地の評価に用いる方法です。

農地・山林

宅地の価額の影響や、宅地への転用がしやすいことを考慮し、それぞれ区分して評価します。

家屋・貸家

家屋は、「固定資産税評価額」がそのまま評価額となります。
貸家は、家屋の評価額から「借家権の割合」だけ減額されます。

株式

株式は、次の3種類に分けて評価します。

上場株式(証券取引所に上場されている株式)

課税時期(相続や贈与のあった日)の終値などから、最も低い価額で評価します。

気配相場のある株式

課税時期の取引価格や、公開価格によって評価が決まります。

取引相場のない株式(非上場株式)

会社の規模に応じて評価方式が変わります。原則として、類似業種との比較や純資産などで評価します。

預貯金

相続日の預入残高に、既経過利息(その時点で換金した場合に支払われる利息)を加えて評価します。

生命保険金・死亡退職金

相続人が受け取った保険金や退職金は、非課税金額を控除できます。
非課税枠は「500万円×法定相続人の数」です。

その他の財産

家財、自動車などの一般動産

評価する時点で、同程度のものを購入する場合の価格(調達価格)で評価します。

書画・骨董品

売買実例価格や、専門家の意見を参考にして評価します。

ゴルフ会員権

取引相場があるものは、取引価格の70%で評価します。

当事務所は石川県かほく市を拠点に、遺産相続の一連の手続きをトータルにサポートします。
相続財産の調査、遺言書遺産分割協議書作成、遺産の名義変更なら、行政書士にお任せください。女性ならではのきめ細やかなサポートを提供させていただきます。

石川県内では、相続・遺言無料相談会も随時開催しております。石川県にお住まいの多くのみなさまにお越しいただければ幸いです。