代襲相続

ゆいちゃんとごんちゃんのお勉強教室

 遺言書の作成や相続のお手続きの中で使われる用語について、ゆいちゃんとごんちゃんと一緒にお勉強していきましょう!! 紹介

代襲相続 

代襲相続質問

本来、相続人になるはずの人が先に亡くなっている場合、その子どもが相続人になります。これを代襲相続といいます。 第1順位のこどもが相続人になる場合、こどもが先に亡くなっていれば、そのこども(孫)に、孫も先に亡くなっている場合は、ひ孫が相続人なります。 第1順位の相続人がひとりもいない場合、第2順位の父母が相続人になります。父母が二人とも先に亡くなっている場合は、祖父母が相続人になります。 第1順位、第2順位とだれも相続人がいない場合、第3順位の相続人である兄弟姉妹が相続人になります。 ただし、兄弟姉妹の場合、代襲相続はそのこどもまでとなります。

代襲相続