付言事項とは

こんにちは!
子育て行政書士能田真由美(のだまゆみ)です。

 

昨日の朝は、大変でした。

四男がトイレに行っている間に、洗濯物の取り込みをしていたら、大泣きされました。

一緒に洗濯物の取り込みをしたかったらしいです。

四男は、最初からやり直ししろと主張してきましたが、私は断固拒否。

四男は自分の思う通りにならないと、自分の主張が通るまで絶対に曲げない子なのです。

なので、ここで四男に負けたら、また、自分の言うことが通用すると思われたら困るので、何が何でも拒否しました。

保育園行く直前まで、ずっと泣いてましたが、、、

私も今回は負けませんでした。

 

さて、昨日は、金沢支部のお仕事をしてから、

公正証書遺言の打ち合わせにお客様のご自宅へ行ってきました。

遺言書には、付言事項というのを付けることができます。

付言事項には、遺言書を遺すことにした理由やご家族に対する想いなどを書くことができます。

 

遺言書に財産の分け方だけを遺してあっても、味気ない感じがするので、付言事項をお願いしています。

 

今回のご依頼者様もうまいこと書けなかったけどと言いながらも、

ご家族への想いを書いていただけました。

 

大切な遺言書なので、しっかりサポートさせていただきます。