遺産分割協議は慎重に

遺産分割協議とは、被相続人の相続財産を相続人全員の話し合いで、誰がどの財産を相続するかということを決めることです。

 
『相続人全員で』というところがポイントです。
遠方に住んでいて、一緒に話し合いすることが難しい場合など、後日、『こんなふうに決まりました。』と連絡して、納得していただくというのはありかと思いますが、納得できないとなると、また話し合いや調整が必要ということになると思います。

 

一度、遺産分割で決定したことを覆すというのは、基本的にすることができません。

ただ、相続人全員で協議をして、合意すれば遺産分割のやり直しをすることも可能です。

遺産分割協議が終わると、遺産分割協議書を作成しますが、実印を押印し、不動産などは名義変更も行うことになります。
手続きが終わった後に、やっぱり納得いっていないからやり直したいということは、現実的に難しいと思います。

費用もかかりますしね。
遺産分割協議では、ある程度、妥協しなくてはいけないこと、納得できないこともあるとは思いますが、あとで蒸し返すことのないように慎重に行いたいですね。