配偶者の法定相続分はどうなるの?

相続についての法改正が検討されていますが、

配偶者の法定相続分について、意見がまとまらないようです。

 

婚姻期間が一定期間あった場合や婚姻後に財産が増加した場合などを条件に、

配偶者の相続分を3分の2に引き上げるという案が出ていましたが、

パブリックコメントで反対意見が多かったようで、再検討するようです。

 

ご相談をいただく中でも、

法定相続分通りに遺産を分けないとダメなのか?というご相談をいただきますが、

相続人全員の意見が一致していれば、法定相続分にこだわる必要はありません。

 

揉めたとき、裁判になってしまったとき、遺留分減殺請求をされたときなどは、法定相続分が絡んできます。

 

心配な場合は、遺言書を遺すなどして、自分で対策をきっちりしておきましょう。