法定相続人と法定相続分

ゆいちゃん・ごんちゃんのお勉強コーナー

遺言書の作成や相続のお手続きの中で使われる用語について、ゆいちゃんとごんちゃんと一緒にお勉強していきましょう!!

紹介

 

法定相続人と法定相続分

法定相続ー1

法定相続人

民法で決められている、被相続人(亡くなられた方)の相続財産を分ける相続人のことです。
法定相続人は、配偶者がいる場合は必ず配偶者が相続人になります。
そのほか、こども⇒父母⇒兄弟姉妹の順番で相続人となります。

相続分

法定相続分

民法で決められている法定相続人の遺産の配分のことです。
被相続人と法定相続人との関係、だれが法定相続人になるかにより、法定相続分の配分はかわります。

法定相続人図

※1 こどもが複数人いる場合は、こども全員で1/2になります。

こどもが2人の場合、1/4ずつ
こどもが3人の場合、1/6ずつ

※2 ご両親ともご健在の場合、お二人合わせて、1/3になります。

お一人、1/6ずつ

※3 兄弟姉妹が複数人いる場合は、兄弟姉妹全員で1/4になります。

兄弟姉妹が2人の場合、1/8ずつ
兄弟姉妹が3人の場合、1/12ずつ