単純承認・限定承認・相続放棄

ゆいちゃん・ごんちゃんお勉強コーナー

遺言書の作成や相続のお手続きの中で使われる用語について、ゆいちゃんとごんちゃんと一緒にお勉強していきましょう!!

紹介

単純

 

単純承認・限定承認・相続放棄

相続人になる方は、相続が発生してから、被相続人(故人)の財産を引き継ぐのか引き継がないのか判断する必要があります。

借金などマイナスの財産が多い場合、相続放棄または限定承認の手続きをしなければいけません。

相続放棄または限定承認の手続きは、相続があったことを知った日から3ケ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

3カ月以内に、なにもしなかった場合、または故人の財産を使ってしまった場合は、単純承認したとみなされます。

単純承認

相続人が被相続人(故人)の財産をそのまま引き継ぐことです。
プラスの財産はもちろんマイナスの財産も引き継ぎます。

プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合は、限定承認か相続放棄をしたほうがよいでしょう。

下記のような場合は、単純承認したことになります。

    • 相続人が相続財産の一部または全部を処分したとき
    • 相続人が熟慮期間(3カ月以内)に限定承認または相続放棄をしなかったとき
    • 限定承認または相続放棄をしたが、その後、相続財産を処分したとき
      または、悪意で財産目録に記載をしなかったとき
    限定承認

    プラスの相続財産の範囲内で借金などマイナスの相続財産を引き継ぐことです。
    借金などマイナスの財産のほうが多い場合や、借金があるかもしれない可能性がある場合などには限定承認をするとよいでしょう。

    限定承認をするには、相続人全員で家庭裁判所に申述する必要があります。
    相続人の中に、一人でも反対の方がいると限定承認することができません。
    反対の方が、相続放棄した場合、相続放棄した方は、はじめから相続人ではなかったということになり、残りの相続人の方全員で限定承認することができます。

    相続放棄

    相続財産を、すべて相続しないことです。

    あきらかに、借金などマイナスの財産が多い場合は、相続放棄をしたほうがよいでしょう。

    相続放棄の手続き

      • 相続人が自己のために相続があったことを知った日から3ケ月以内に家庭裁判所に申述します。
      • 相続放棄は、相続人が数人いたとしても、単独ですることができます。

      熟慮期間(相続があったことを知った日から3カ月以内)を過ぎると、相続放棄も限定承認もできなくなります。
      気を付けましょう!!