予備的遺言とは

遺言を遺す場合、遺言を遺したときから、亡くなるまでの間に想定していたことと違うことが発生する場合もありますよね。

例えば、長男に自宅を相続させるという遺言を遺していたとしても、長男が自分より先に亡くなってしまうということも考えられます。

 

その場合、自宅は誰が相続することになるのか?

 

特に決めておかなかった場合は、

法定相続人に法定相続分通りにということになるでしょう。

または、遺産分割協議で決めることになるかと思います。

 

『長男が先に亡くなった場合は、二男に自宅を相続させる』と指定しておくこともできます。

 

このように、遺言で指定しておいたことと違うことが起こった場合に、あらかじめ、次の相続についても指定しておくことを

『予備的遺言』といいます。

 

もしものことを考えて、予備的遺言も付け加えておくと、遺言の書き直しなどもしなくて済みます。

遺言の書き直しできればいいですが、そのとき既に認知症などを患っているということも考えられます。

 

あらゆるパターンを想定して遺言が遺せるといいですね。