遺言書を書いておいたほうがいいケース1~こどもがいないご夫婦~

石川県の相続手続き・遺言書作成専門行政書士 能田真由美(のだまゆみ)です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

遺言書を書いておいたほうがいいケースの方をご紹介していきます。

こどもがいないご夫婦の場合は、遺言書を遺すことをオススメしています。

たとえば、先にご主人が亡くなられた場合。
相続人は、奥さんとご主人のご両親になります。

ご両親が亡くなられている場合は、ご主人の兄弟姉妹が相続人になります。
ここで、どのような問題が発生するのか。
まず、ご両親がいるケースだと、

法定相続分は、奥さんが2/3、ご両親が1/3になります。

ご主人の兄弟姉妹が相続人のケースだと、

法定相続分は、奥さんが3/4、兄弟姉妹が1/4になります。
ご主人名義の自宅の土地や家。

貯金など奥さんの名義にしたいとき、

ご両親やご主人の兄弟姉妹と遺産分割協議(話合い)をする必要がでてきます。
ここで、スムーズにいけば何も問題は起きないですが、

そうとも限らないですよね。
とくに、兄弟姉妹の場合は、遺言書を書いておくことで、

遺留分というのがなくなり、すべて、奥さんの財産にすることが可能です。
遺言書を遺すことで、奥さんの精神的負担も和らぐことでしょう。
こどもがいないご夫婦の方は、遺言書を遺されることをオススメします。