遺言書を書いておいたほうがいいケース12~行方不明の家族がいる~

石川県の相続手続き・遺言書作成専門行政書士 能田真由美(のだまゆみ)です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

遺言書を書いておいたほうがいいケースの方をご紹介していきます。

遺産をどう分けるのかを決める遺産分割協議は相続人全員で行う必要があります。

そのため、行方不明の方が相続人にいると遺産分割の話合いを進めることができません。

貯金を下ろしたくても下ろせなかったり、

不動産の名義を変更したくても変更できなかったりと

いろいろな不都合なことが生じてきます。

行方不明の方がいると、あらかじめわかっている場合は、

遺されたご家族のことを考えて、遺言書を遺しておくといいのではないでしょうか。