遺言書を書いておいたほうがいいケース15~個人事業をしている~

石川県の相続手続き・遺言書作成専門行政書士 能田真由美(のだまゆみ)です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

遺言書を書いておいたほうがいいケースの方をご紹介していきます。

個人でお店を経営していたり、何か事業をしているという場合。
 

個人事業で使用している事業用の資産も相続財産の扱いになります。

何も対策をとっておかないと、相続人の共有の財産になることになります。

ほかの相続財産と同じように、遺産分割協議でどのように分けるのか

話合いをしていくことになります。
 

事業用資産は、特定の人が引き継がなければ、

事業がうまくいかなくなるということもあり得ます。

個人で事業されているという方は、

自分が亡き後、事業をどのように引き継いでいくのか

生前にしっかりと考え、対策をとっておくといいですね。

 
遺言書を遺すということもひとつの手段だと思います。