遺言書を書いておいたほうがいいケース3~認知したいお子さんがいる~

石川県の相続手続き・遺言書作成専門行政書士 能田真由美(のだまゆみ)です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

遺言書を書いておいたほうがいいケースの方をご紹介していきます。

結婚をしていない関係の間に生まれたお子さんがいる場合。

父親はその子を認知をすることで、父親の相続人になります。

逆にいうと、認知しないと相続人にはならないです。

母親と子どもの関係は、認知しなくても母親の相続人です。

認知というのは、遺言でもすることができるのです。
子どものことは、ずっと気がかりだったけれど、

生前は、理由があって何もしてあげられなかったような場合など

遺言でも認知することができますよ。