遺言書

遺言書がある場合、遺産の分け方は、遺言書の内容が最優先されます。 遺言書を遺すことでご自身の財産をだれに、なにを、どのように、相続させるのか、ご自身の意思を伝えることができます。

このような場合には遺言書を書かれることをオススメします。

遺言書の種類

 自筆証書遺言公正証書遺言
作成方法遺言者ご本人が
①全文
②日付
③氏名を自筆で書き
④押印して作成する
証人2名立会いのもと、 遺言者が伝えた内容を
公証人が筆記して作成する
証人不要2名必要
保管遺言者本人が保管公証役場が原本を保管
メリット・ひとりで手軽に作成できる
・費用がかからない
・遺言の内容や存在を秘密にできる
・無効になるおそれがない
・紛失・隠匿・偽造・変造 のおそれがない
・開封時、家庭裁判所の検認手続がいらない
・検認が不要なのですぐに執行ができる
デメリット・形式の不備によって無効になるおそれがある
・紛失・隠匿・偽造・変造のおそれがある
・遺言書が発見されないおそれがある
開封には、家庭裁判所の検認手続が必要
・遺言執行までに手間と時間がかかる
・作成するのに費用がかかる
・証人に遺言内容がわかってしまう
・公証役場に対する手続、費用が必要
・証人2名が必要